スポンサーリンク


2014年6月2日月曜日

【2016-17年版】 社会福祉士試験 まとめ 【申込・試験日程】

■ 2017年の試験日程は?

*2016年6月9日更新版。

2017年(2016年度、平成28年度)の日程は次のようになっています。

・試験申込: 2016年9月8日(木)から10月7日(金)
 ※ 消印有効
・試験日:     2017年1月29日(日)
・合格発表:  2017年3月15日(水)


(参考)
公式ページ:試験概要


■ 2016年の試験日程は?

2016年(2015年度、平成27年度)については、試験日程は次のとおりでした。

・試験申込: 2015年9月10日(木)から10月9日(金)
 ※ 消印有効
・試験日:     2016年1月24日(日)
・合格発表:  2016年3月15日(火)


参考までに、試験実施地域(24か所)は以下のようになっています。

北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県


■ 2016年(2015年度)の合格発表日時は?

〇 合格発表日時について

  インターネットでの合格発表日時は、2016年3月15日(火)14時から6月下旬まで。
  結果通知は、2016年3月15日(火)に東京からの発送

(参考)
公式ページ:よくあるご質問


■ 申込手続き

受験を希望する人は、あらかじめ受験の申込みに必要な書類『受験の手引』を取り寄せる必要があります。


■ 受験資格

社会福祉士の受検資格は次のとおり。

1、4年制大学で指定科目を修めて卒業した方
    (平成28年3月31日までに卒業見込みの方を含む)

2、2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方
    (平成28年3月31日までに従事する見込みの方を含む)

3、社会福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方
    (平成28年3月31日までに卒業(修了)見込みの方を含む)

4、社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方
    (平成28年3月31日までに卒業(修了)見込みの方を含む)


■ 試験の難易度は高め?

介護福祉士試験と比較した場合、社会福祉士資格試験の合格率は低めで、難易度は高めです。

たとえば、2015年に実施された2014年度(平成26年度、第27回)の試験の合格率27・0%。参考までに、同じく2015年に実施された介護福祉士試験の合格率は、61・0%でした。

社会福祉士試験の合格率については、当ブログの次の記事でまとめています。

【最新まとめ】 社会福祉士試験の合格率まとめ 【難易度】


■ facebook と Google+

facebookGoogle+ のページも開設しています。よろしければ のぞきに来てくださいね。

(facebook)
ゼロからわかる介護資格

(Google+)
ゼロからわかる介護資格


【関連記事】

【ズバっとわかる】社会福祉士の受験資格と資格取得方法
【2016-17年版】 精神保健福祉士試験 まとめ 【申込・試験日程】
【ゼロからわかる】介護資格の種類・一覧と取得方法