スポンサーリンク


2014年6月10日火曜日

【最新】 介護福祉士資格試験 合格率まとめ 【難易度】

■ 介護福祉士試験の難易度は低め?

*2016年6月9日更新版。

介護福祉士資格試験の合格率は高めで、難易度は低めだと言われています。

たとえば、2016年(平成28年)に実施された2015年度(平成27年度、第28回)の試験の合格率は、57・9%


■ 過去の合格率

過去の合格率は次のとおりです。

・2015年度(第28回)

  受験者数 152,573人
 合格者数 88,300人
 合格率    57・9%

・2014年度(第27回)

  受験者数 153,808人
 合格者数 93,760人
 合格率    61・0%

・2013年度(第26回)

  受験者数 154,390人
 合格者数 99,689人
 合格率     64・6%

・2012年度(第25回)

  受験者数 136,375人
 合格者数 87,797人
 合格率    64・4%

・2011年度(第24回)

  受験者数 137,961人
 合格者数 88,190人
 合格率    63・9%

・2010年度(第23回)

  受験者数 154,223人
 合格者数 74,432人
 合格率    48・3% 

・2009年度(第22回)

  受験者数 153,811人
 合格者数 77,251人
 合格率    50・2%  

(参考)
厚生労働省:合格発表
第 28 回介護福祉士国家試験の合格発表について(PDFファイル)
介護福祉士国家試験の受験者・合格者の推移(PDFファイル)


■ 試験科目

筆記試験の試験科目は以下のとおりです。

・人間の尊厳と自立
・人間関係とコミュニケーション
・社会の理解
・介護の基本
・コミュニケーション技術
・生活支援技術
・介護過程
・発達と老化の理解
・認知症の理解
・障害の理解
・こころとからだのしくみ
・総合問題


■ 合格基準は?

〇 筆記試験の合格基準

  筆記の合格基準としては、次の2つの条件を満たす必要があります。

  A、問題の総得点の 60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上得点すること。

  B、Aを満たした人のうち、以下の試験科目10科目すべてで得点があること。

    1、 人間の尊厳と自立、介護の基本
    2、 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
    3、 社会の理解
    4、 生活支援技術
    5、 介護過程
    6、 発達と老化の理解
    7、 認知症の理解
    8、 障害の理解
    9、 こころとからだのしくみ
   10、 総合問題

※ 配点は1問1点の120点満点。

〇 実技試験の合格基準

  課題の総得点の 60%程度を基準として、課題の難易度で補正した点数以上得点すること。

(参考)
介護福祉士国家試験:介護福祉士国家試験合格基準


■ 過去問

過去問(筆記試験)については、公式サイトの以下のページに掲載されています。

(過去問)
介護福祉士国家試験 過去の試験問題


■ 2017年1月(2016年度)の試験日程

参考までに、2017年(2016年度、平成28年度)の試験の申し込みの期間や試験日の予定は次のとおりです。

・申込受付 2016年8月10日(水)~2016年9月9日(金)
・筆記試験 2017年1月29日(日)
・実技試験 2017年3月5日(日)

試験日程について、くわしくは次の記事をご覧ください。

【2016-17年版】 介護福祉士試験 まとめ 【申込・試験日程】


■ 受験資格

2016年1月(2015年度)の試験までは、資格がなくても実務経験を3年積めば、介護福祉士の受検資格が得られます。3年とは、具体的には従業期間が1095日以上で従業日数が540日以上。

2017年1月(2016年度)の試験からは、介護福祉士実務者研修課程修了が義務付けられます

実務者研修については、当ブログの次の記事でまとめています。

【ズバッとわかる】介護福祉士 実務者研修(資格 取得方法 カリキュラム)


■ 資格学校と通信講座

試験対策講座を実施している学校としては、ニチイ学館三幸福祉カレッジ池袋福祉カレッジ(高崎・大宮福祉カレッジ)など、通信講座ではユーキャンなどがよく知られています。

通信講座については、次の記事で解説しています。

【最新】 「介護福祉士 受験対策」通信講座 【比較】


【関連記事】

【最新】 ゼロからわかる介護福祉士 (試験と資格)
【ゼロからわかる】介護資格の種類・一覧と取得方法